葉酸の様々な効能と食品からの効率の良い摂取方法について。

葉酸といえば赤ちゃんの発育に大きな役割を果たしているだけでなく、
造血のビタミンともいわれて貧血を予防する効果もあります。
特に女性は毎月における生理によって多くの血液が体外に排出されるので、貧血になりやすいです。
赤血球の寿命は約4か月で、それに体内で毎日新しい赤血球が造られています。
このことからも葉酸が不足すると赤血球の産生がうまくいかず、
貧血を引き起こして仕事や作業の能率も落ちてきます。
また、細胞分裂にも大きな役割を果たしていることからも、代謝がよくなって脂肪燃焼
のサポートに大きな役割を担い、ダイエットの促進にもつながります。
腸の蠕動運動を活発にして便秘の解消にもつながり、デトックス効果も高まります。
それに女性にとって朗報である美肌効果もあり、化粧のノリもよくなって
肌のつやも出てきて顔色もよくなります。
さらに精神を安定させてストレス軽減作用もあります。
仕事などでストレスを多く抱えている人は葉酸の摂取を意識することも大切です。
そこでこのように多くの魅力を兼ね備えた葉酸が多く含まれている食品は
ほうれん草、菊菜、アスパラガスといった緑の野菜から多く摂取できますが、
熱に弱くて失われやすいため、調理方法にも気を付ける必要がありますが、
それらの食材を多く使用する鍋物や汁物の料理を多くすると、それらの野菜が多く摂取できます。
そして鶏レバーは100gあたり1300μgという非常に多くの葉酸が含まれており、
それに鉄分も多く含まれていて貧血予防にも役立つので時折摂取する価値はあります。
ただ毎日摂取するとビタミンA過剰症になるリスクがあるので、時折にとどめておくことです。
そして納豆や卵、フルーツといった食品からも摂取でき、特に卵は一番栄養満点の食品なので是非食べたいものです。